パニック障害の経過について

 

パニック障害はパニック発作→予期不安→広場恐怖症という経過で進んでいきます。

どのような経過をたどるのか順に見ていきましょう。

 

 

パニック発作

パニック障害の最初は、場所や状況に関係なく突然パニック発作が起こります。心臓が破裂しそうになったり、呼吸困難になるなどの身体症状が不意に起こり、死んでしまうのではないかと不安や恐怖を感じます。パニック障害では、最初のパニック発作後は、発作がくり返し起こるようになります。

 

 

予期不安

発作をくり返し経験するうちに、発作が起こっていないときでも発作のことが頭から離れなくなり、強い不安を持つようになります。この不安のあらわれ方は個人差があり、ふっと頭をかすめる軽い場合もあれば、1日中発作のことが不安で何も手につかないというような重度の場合もあります。

 

 

発作の回数は次第に減っていきますが、「また発作が起こるのではないか」「次は死んでしまうのではないか」「誰かに迷惑をかけるのではないか」と不安がつのっていきます。

 

 

パニック障害の症状では、パニック発作に注目されがちですが、発作をくり返し経験することで不安や恐怖感が心に植えつけられる「予期不安」のほうがやっかいなのです。予期不安が見られればパニック障害と診断されるほどパニック障害の根本的な症状といえます。

 

 

広場恐怖症

予期不安が強くなると、発作が起こりそうな場所や状況を避けるようになります。この行動がしだいに「広場恐怖症」になっていきます。広場とは「逃げられない場所」「助けを求められない場所」のことで、このような場所に行くことに恐怖を感じます。

 

その場所は人によって様々ですが、飛行機、新幹線、電車などの交通機関や、エレベーター、人混みなどが多いようです。軽度の場合、必要な場所だけは一人で行けますが、重症になってくると、一人では外出できなくなったり、家から一歩も出られず引きこもるようになる場合もあります。

 

パニック障害になった人のほとんどが、広場恐怖症になるといわれています。また、人前で発作を起こすことをおそれ、人を避けるようになってしまいます。

 

 

パニック障害は、発症するとほぼこのような経過をたどります。

さらにパニック発作がおさまって、症状が軽くなったあとも後遺症のように不快な症状が続くことがあります。発病後半年くらいからじわじわとあらわれますが、かなり時間が経過してからあらわれることもあります。

 

不安になる、イライラする、動悸がする、息苦しい、頭痛がするなどの症状が続きますが、適切な治療をすれば症状は軽くなります。そのためには、パニック障害の治療は少なくとも1年以上続ける必要があります。